インバウンドとは

「インバウンド」とは、外から中に入ってくるという意味を持つ言葉です。
もともとは、観光業界で「外国人が日本へ観光に来ること」をインバウンドという言葉で表現していました。

マーケティングにおいては、Webサイトやブログなどを通して役立つコンテンツを発信し、ユーザーに見つけてもらうことで見込み顧客を獲得・育成するマーケティング手法を指します。

従来のマーケティングは、DMやテレアポ、訪問などを通して企業が売りたい商品を一方的に宣伝する「アウトバウンド型」でした。
一方でインバウンドマーケティングでは、消費者がWeb検索やメディアの閲覧、SNSなどの交流を通じてメッセージを受け取り、自発的に企業や商品へ興味を抱くように導くことを目指しています。

近年は、アウトバウンドマーケティングに対して悪いイメージや不信感を抱く消費者が増えているため、インバウンドマーケティングの重要性がより高まっています。

 
シニヤン

インバウンド型のマーケティングを成功させるためには、「コンテンツマーケティング」と「ソーシャルメディアマーケティング」が必要不可欠だよ。それぞれのマーケティングの特徴について、しっかりとおさらいしておこうね。


コンテンツマーケティング
「コンテンツマーケティング」とは、ユーザーにとって有益なコンテンツを配信することで見込み客を育成し、購買につなげたりファンを獲得したりするマーケティングの手法で.....
アウトバウンド
「アウトバウンド」とは、中から外に出ていくことを意味する言葉です。もともとは、観光業界で「日本から海外に観光へ行くこと」のことを指していました。 マーケティング.....