インプレッションシェアとは

「インプレッションシェア」とは、広告が配信できるはずだった機会のうち、実際に配信された回数の割合を表す言葉です。

広告を出稿したからといって、条件に合うすべてのターゲットに広告が配信されるわけではありません。
予算や広告ランクが影響して優先度が低くなってしまい、配信に至らないケースも多々あります。
インプレッションシェアとして実際に広告が配信された割合を把握することで、より多くのユーザーへ広告を届けるのための改善策を導き出せるようになるのです。

なお、インプレッションシェアは、以下の式で算出できます。
「インプレッションシェア(%)=広告が配信された回数÷広告が配信可能だった機会×100」
たとえば、広告を配信できる機会が1,000回あって、実際に配信されたのが200回だった場合、「200÷1,000×100=20%」ということになるのです。

広告が配信できるはずだった回数は、広告の品質や承認状況、ターゲットの設定など多くの要因で算出されるため、運用者が容易に計算することは難しいものです。
ただし、Google広告などで表示項目を追加すれば、簡単にインプレッションシェアを確認できるようになります。
キーワードを最適化したりや改善点を分析したりするためにも、しっかりと設定を行って数字をチェックしておきましょう。

 
シニヤン

ちなみに、広告の配信機会に対して、キャンペーンの予算不足やオークションランクの低さによって広告が配信されなかった回数の割合を、「インプレッションシェア損失率」と言うよ。より正確な効果測定のために、こっちも気にしておこうね!

インプレッション
「インプレッション(impression)」とは、Webサイト上に掲載された広告が見られた回数のことを指します。 また、TwitterやFacebookなどのS.....