impとは

「imp(impression)」とは、広告が表示された回数を意味します。
また、SNSの投稿が表示された回数もimpと表現し、広告や投稿が1回表示されると「1imp」とカウントされます。

インプレッションの定義は、広告の出稿先により異なるため注意が必要です。
ユーザーに見える位置に入ったものを1impとするメディアもあれば、ユーザーの目に入っていなくても、ページ上のどこかに表示されていれば1impとするメディアもあります。
なお、見える位置に入った広告だけをカウントすることを「ビューアブルインプレッション」と呼びます。

インプレッションを増やしたい場合は、広告予算を増やす、キーワードの入札単価を上げる、登録キーワード数を増やすなどの対策が有効です。
広告を出稿する際は、インプレッションを増やすだけではなく、クリック率を高めることも非常に重要です。
インプレッションが高くても効果がともなわない広告の場合は、何らかの対策が必要になります。

なお、インプレッションと混同されやすい単語がいくつかあります。
・PV:ユーザーがWebページを閲覧した回数
・リーチ:特定の広告を見たユーザーの人数
・エンゲージメント:SNSなどにおいて、投稿に対してユーザーがアクションを起こした回数
ここでそれぞれの意味の違いを理解し、しっかりと区別しておきましょう。

 
シニヤン

広告の効果を測定するときは、「クリック数÷インプレッション数×100」で算出されるクリック率(CTR)という指標が重要になるんだ。広告がユーザーに興味を持たれているかどうかを測る大切な指標だから、あわせて押さえておこう!

PV(ページビュー)とUU(ユニークユーザー)の違いとは? 初心者向けに詳しく解説!
PV(ページビュー)とUU(ユニークユーザー)の違いとは? 初心者向けに詳しく解説!
Webサイトがどれだけ訪問されているのかを知るための指標でもある、「PV(ページビュー)」と「UU(ユニークユーザー)」。似たような意味で捉えられることもあるこ.....
エンゲージメント
「エンゲージメント」とは、企業とユーザーの親密さや結びつき、絆や共感などを意味する言葉です。エンゲージメントを数値化したものをエンゲージメント指標と言います。 .....