HTMLとは

「HTML(Hyper Text Makeup Language)」とは、Webページを構築するときに用いられる言語のひとつです。
もっとも一般的な言語で、Web上で公開するテキストやレイアウトなどを定義する役割を持っています。
サイトの見た目を変化させるための指示書を書くときに使われる言葉のことだと理解しておけば問題ないでしょう。

実際にWebページを構築するときは「HTMLタグ」と呼ばれる、“<>”でくくられた命令を入力していきます。
このタグの内容により、文字の大きさや色、改行などを表現できるようになるのです。

なお、HTML言語で記述した電子メールのことを「HTMLメール」と言います。
HTMLメールでは、今までのテキスト形式のメールでは表現できなかった文字への着色やフォントサイズの変更、表の使用などが可能になっており、伝えられる情報がグッと増えました。
そのため、企業のメールマガジンではHTMLメールが採用されるケースが多い傾向にあります。

 
シニヤン

HTMLと同様、文章のスタイルを指定する言語として「CSS」というものがあるよ。HTMLは文章構造全体を指定する言語であるのに対し、CSSは吹き出しをつけたり背景にグラデーションを付けたりと、装飾について指定できる言語なんだ。