ホットリードとは

「ホットリード」とは、BtoBマーケティングにおいて自社のサービスに対する興味関心が高く、あとひと押しすれば購入に至る見込み客のことです。
リードのなかでも、より購入や契約の可能性が高い「今すぐ客」をホットリードと呼びます。
営業はホットリードにターゲットを絞ってアプローチすることで、成果を得られやすくなります。

なお、見込み客およびホットリードの定義や解釈は、企業や部門によって異なるため注意しましょう。
一般的には、自社の資料をダウンロードしたりセミナーに申し込んでくれたりして、情報を提供してくれた顧客を指すことが多いです。

いきなり「今すぐ客」を獲得するのは難しいので、企業はコンテンツ配信やメルマガ、インサイドセールスなどを通してホットリードの育成を目指していきます。

ただし、たとえ一度資料をダウンロードしてくれても、その後アクションがなければホットリードとは呼べません。
マーケティングの際は、何をもってホットリードと定義するかを明確にすることが重要です。

 
シニヤン

ホットリードに対して、サービスに対する興味が薄くて購入する可能性が低い顧客を「コールドリード」と呼ぶよ。あわせて覚えておこう!


コールドリード
「コールドリード」とは、自社商品やサービスに対する関心が低く、直近で購買行動に移る可能性が低い顧客のことです。今すぐに購買行動を起こす可能性はなくても、現在は情.....