ハードバウンスとは

「ハードバウンス」とは、メールマーケティングを行う際、ドメインやメールアドレスが存在しないなどの理由で宛先不明エラーになる状態を意味します。

よくあるのが、「ユーザーに入力してもらったメールアドレスが間違っていた」「名刺を渡してくれた人が退職してしまった」などの理由でハードバウンスになるケースです。
また一部のメールサーバーでは、メッセージがスパムであると判断された場合、メールをハードバウンスすることもあります。

ハードバウンスは、サーバーエラーなどといった一時的な理由ではなく、永続的な理由でメールの配信ができなかったことを意味しています。
そのためハードバウンスが生じた場合は、送信先のアドレスの見直しや修正、もしくは送信リストからの除外などといった対応が必要です。

 
シニヤン

ちなみに、サーバーのエラーやメールサイズの容量超えなど、一時的な理由でメールが送れないことを「ソフトバウンス」と言うよ。ハードバウンスとソフトバウンスは、合計して2%以内に収めることが理想的だとされているから、メール配信の際は気をつけよう!