タグマネージャー(GTM)とは

「タグマネージャー(GTM)」とは、Googleが提供するタグマネジメントツールです。

そもそもタグマネージャーは、タグをまとめて管理するツールのことを指します。
メディアの運営時は解析タグや広告タグといった多くのタグを扱うことになりますが、毎回毎回タグを追加するためにコードを編集することが面倒だというときは、タグマネージャーを活用すると作業を効率化できます。
タグマネージャのコードをサイトの全URLに仕込んでおけば、コードを編集することなくタグの追加や修正などが行えるようになるのです。

タグマネージャーは多くの企業が提供していますが、なかでもGoogleのGTMは操作方法がわかりやすく利便性も高いため、多くの利用者数を獲得しています。
Google製品であるため、GoogleアナリティクスやGoogle広告と相性がいい点も大きなメリットです。

ほかにも、GTMには以下のようなメリットがあります。
・バージョンの管理が可能となる
・タグを管理しやすくなる
・タグが設置しやすくなる
・公開前にプレビューできる

事前にアカウントを登録しておく必要がありますが、GTMの機能は無料で利用できます。
Web制作を効率化できるツールなので、メディアの運営者はぜひ活用してみてください。

 
シニヤン

ちなみに、タグマネージャーには「Yahoo! タグマネージャー」や「Adobe Analytics」といったサービスがあるよ。使いやすさやGoogle製品との互換性がGTMの強みだけど、自分が使いやすいと感じるものを導入して問題ないよ。

Yahoo! タグマネージャー
「Yahoo! タグマネージャー」とは、Yahoo! JAPANが提供している、いろいろなタグを一元管理するためのタグマネジメントサービスです。ヤフープロモーシ.....
Adobe Analytics
「Adobe Analytics」とは、マーケティング関連の機能に特化したツールである「Adobe Experience Cloud」に含まれているアクセス解析.....