GNSSとは

「GNSS(Global Navigation Satellite System)」とは、人工衛星を利用した全世界測位システムの総称です。
1980年代にアメリカが開発した「GPS(GPS:Global Positioning System)」は有名ですが、ほかにも日本の「みちびき」やヨーロッパの「Galileo」などといった衛星測位システムが存在しており、これらをまとめてGNSSと呼んでいます。

いくつもの衛星測位システムを活用することで、山やビルに囲まれた場所でも十分な電波を受けられ、正確な位置情報を調べられるようになります。
そのため、正しい位置を測定するためにはGPSを含む複数のGNSSを活用する必要があるのです。

これらの人工衛星を使って測位した位置情報は、航空機や船舶、カーナビ、地図アプリなど幅広いシーンで活用されています。

 
ビギニャー

ちなみに、日本のGNSS「みちびき」は2010年に初号機が打ち上げられて、今は合計4機も使えるらしいです!将来的には7機体制になる予定なので、より精度の高い測位ができるようになるかもしれませんね!

【初心者向け】Web広告における「ターゲティング広告」を解説!仕組みや方法は?
【初心者向け】Web広告における「ターゲティング広告」を解説!仕組みや方法は?
ユーザーの興味・関心に対して最適化した広告を配信できる「ターゲティング広告」。デジタルマーケティングではとても重要な広告手法のひとつですが、どんな仕組みの広告な.....
ジオグラフィック
「ジオグラフィック」とは、地理学的な統計の属性データのことです。たとえば、在住地域や地域ごとの気候、独自の文化や人口密度、都市化の程度などがジオグラフィックに含.....
デモグラフィック
「デモグラフィック」とは、人口統計学的な統計の属性データのことです。デモグラフィックには、性別や年齢、居住地域、所得、家族構成、職業などといった属性が含まれてい.....