ファネルとは

「ファネル」とは、顧客が商品やサービスを購入するまでの意識変遷やプロセスを図式化したもののことです。
日本語に直すと「漏斗」という意味を持つ言葉で、逆三角形の形をした器具のことを指しています。

消費者が自社の顧客になるまでは、いくつかのプロセスを経ることになります。
たとえば、商品やサービスを知る段階、興味関心を抱く段階、購入を検討するために比較評価する段階などが挙げられるでしょう。
前者になるほど人数が多く後者になるほど人数は減っていくため、図式化すると逆三角形状になり、漏斗という意味を持つ「ファネル」と表現されるのです。

なお、ファネルには大きく分けると3つの種類があります。
パーチェスファネル:「認知→興味関心→比較検討→購入」を図式化した基本のファネル
インフルエンスファネル:「発信→紹介→継続」と、顧客が商品の広告塔になるプロセスを図式化したファネル
ダブルファネル:①と②を組み合わせてより高い効果を生むためのファネル

ファネルを通して顧客の心理プロセスを可視化することで問題点が明確化され、どの段階の施策を見直すべきなのか重点的にアプローチすべきなのかが見えてきます。

 
シニヤン

プロセスごとにモデル化したファネルに対し、認知から購入、顧客管理までを一気貫通でアプローチしていく施策のことを「フルファネル」と言うよ。単一の施策ではなく複数の施策を絡め合いながら実施することで、より顧客との関係性を深めることができるんだ。

MOFU
「MOFU(Middle of the Funnel)」とは、顧客の購買プロセスである「ファネル」の中間地点を指します。具体的には、消費者が商品やサービスに興味.....