フルファネルとは

「フルファネル」とは、消費者の商品購買過程を行動プロセスに分けてモデル化したすべてのファネルに対し、一気通貫で共通のマーケティング施策を用いてアプローチしていくことを意味します。

そもそもファネルは、日本語で言うと「漏斗」という意味を持った単語で、消費者が商品に興味を持ってから購入するまでの意識遷移をすり鉢状に当てはめて図式化したもののことです。
たとえば、消費者は「認知」から「興味や関心」「比較や検討」「購入」というプロセスで商品の購買に至ります。
認知が100だとして、興味や関心を抱いてくれるのは80、比較や検討は60…というように、各ファネルが逆三角形になるように図式化していくことをファネル分析と呼びます。

フルファネルでは、この各ファネルを分断して一部に特化するのではなく、1つのフローとして捉えてマーケティング戦略を考案していくというわけです。
ファネルごとの施策を密接に連携させて途切れることなくアプローチすることで、全体の顧客行動が見えるようになり、どこに問題があるのかを分析しやすくなります。

 
シニヤン

認知からCRMまでの全ファネルに対してアプローチしていくことを「フルファネルマーケティング」と言うよ。認知から購買まで全プロセスで最適な訴求ができるフルファネルは、顧客との関係性を構築したいときに最適なんだ。

AIDMA
「AIDMA」とは、消費者の購買決定プロセスを説明するためのフレームワークのひとつです。「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire.....
AISAS
「AISAS」とは、顧客の購買行動プロセスを説明するためのフレームワークのひとつです。インターネットで得た情報をもと顧客が商品を購入するまでのプロセスを表したも.....
マーケティングファネルとは?基礎から活用方法を徹底解説
マーケティングファネルとは?基礎から活用方法を徹底解説
漏斗(じょうご/ろうと)を語源とするマーケティング用語「ファネル」。どんなもので、なんのために使うの?この記事では、ファネルの基礎知識から活用方法までを詳しく解.....
カスタマージャーニーマップでCXを向上!作り方から活用方法までまるっと解説
カスタマージャーニーマップでCXを向上!作り方から活用方法までまるっと解説
カスタマージャーニーマップは、お客さまが商品を購入するまでにたどる体験の旅を図にまとめたもの。企業にとっては、まさに施策を決定するための「地図」になってくれる、.....