FMOTとは

「FMOT(First Moment Of Truth)」とは、消費者が店頭で商品の購入を決める瞬間のメンタルモデルのことです。
「店頭での数秒」のことをFMOTと呼ぶこともあります。

FMOTは2004年にP&G社が提唱したもので、
消費行動調査で「消費者は店頭で商品の陳列棚を見て、3~7秒で購入するかどうかを判断している」ということを明らかにしました。
P&G社はこの結果を受け、新規顧客を獲得するためには店頭のプロモーションが肝心であると仮定。
そこでFMOTの考え方を活かし、消費者目線でパッケージデザインや商品陳列、ポップや接客などのインストア(店内)プロモーションに力を入れたところ、大きな成果を上げることができました。

FMOTは、店舗内でのプロモーションが購入の意思決定に大きな影響を与えるという理論です。
この理論に対して、Googleは2011年に「消費者は店舗に足を運ぶ前に情報を収集し、何を購入するかを事前に決めている」という内容のZMOTを提唱しました。
以前はFMOTの考え方が主流でしたが、インターネットが普及した現代では、ZMOTのうほうが重要になってきています。

 
シニヤン

FMOTと関係が深いメンタルモデルとして、実際に商品を使ったあとにリピート購入を検討する「SMOT」や、リピーターとして定着する「TMOT」というものがあるよ。関連用語として押さえておこうね!

ZMOT
「ZMOT(Zero Moment of Truth)」とは、顧客は事前に商品について調査していて、すでに来店前には購入品を決めているというマーケティング理論の.....
SMOT
「SMOT」とは、P&G社が提唱した消費者が購買行動を決める瞬間に関するメンタルモデルのことです。消費者自身が商品を購入して使用したうえで商品の良し悪しに判断を.....