ファンベース(ファン)とは

「ファンベース(ファン)」とは、ファンを基盤として経営やマーケティングを実施し、愛着心や信頼感を育成することで売上や事業の価値を高めていく考え方です。

そもそもファンとは、企業の商品やブランド、価値観などを支持してくれている消費者のことです。
ファンベースでは、ファンからの愛着や共感、信頼感を増やす取り組みを通し、一緒に商品やサービスを磨き上げたり価値を創造していくことに重点を置いています。

ファンベースの考え方が重要視されるようになった要因は、以下の3つです。
①パレートの法則:上位20%のファンが売上の80%を支えているという法則のこと
②新規獲得の難化:人口減少による市場縮小、ニーズの多様化により新規獲得が困難となっている
③影響力:口コミの影響力は非常に強いため、ファンに拡散してもらうことで新規獲得が目指せる

なお、ファンを生み出して育てるためには以下の取り組みが有効だとされています。
①ファンの意見に耳を傾け、ファンファーストな商品開発や経営をする
②商品にストーリー性やドラマ性をもたせる、ファンと一緒に商品を作り上げるなど、愛着心を高める取り組みをする
③誠実な対応や透明性を維持し、ファンの信頼を強める取り組みをする

今後は、少子高齢化による市場縮小や新規需要の低下、情報やニーズの多様化によってさらに新規顧客の獲得が難しくなっていくと考えられています。
そのため、ファンを大切にして育てていくファンベースの考え方がより重要になっていくのです。

 
シニヤン

ちなみに、似たような言葉に「ファンマーケティング」というものがあるよ。ファンマーケティングは、ファンにお金を使わせて企業が利益を獲得するための手法だから、ファンベースとは意味が異なる点に注意しようね!

マーケティングファネルとは?基礎から活用方法を徹底解説
マーケティングファネルとは?基礎から活用方法を徹底解説
漏斗(じょうご/ろうと)を語源とするマーケティング用語「ファネル」。どんなもので、なんのために使うの?この記事では、ファネルの基礎知識から活用方法までを詳しく解.....