DSPとは

「DSP(Demand-Side Platform)」とは、広告出稿の費用対効果を高めるためのプラットフォームです。
広告枠の買い付けから効果の分析まで自動で行い、複数のアドネットワークやアドエクスチェンジに広告配信を行うことができます。

従来は広告を出稿したいメディアごとに枠を購入していましたが、DSPでは自動でターゲットを分析してリアルタイムで広告に入札を行い、必要なときに配信してくれます。
広告主はターゲットや予算を設定し、広告を出向すればDSPが最適な広告配信を一元管理で行ってくれるので、負担を抑えて効果の高いマーケティングをしたいときに最適です。

ただし利用料がかかるため、アドネットワークなどを手動で運用するときと比べて、どちらが費用対効果が高いのかを慎重に比べる必要があります。

ちなみに、DSPと似たような言葉として「アドネットワーク」というものがありますが、以下のように意味が異なるため注意しましょう。
アドネットワーク:複数の広告媒体に一気に配信するためのシステム
DSP:複数のアドネットワークを一元管理するためのツール

 
シニヤン

広告主の収益を最大化するDSPに対し、広告を掲載するメディア側の収益を最大化するプラットフォームを「SSP」と呼ぶよ。両者は切っても切り離せない関係にあるから、どちらも覚えておこうね。


SSP
「SSP(Supply Side Platform)」とは、メディアが広告枠の販売を効率化したり収益を最大化したりするためのシステムのことを指します。メディアが.....