DSA(動的検索広告)とは

「DSA(動的検索広告:Dynamic Search Ads)」とは、Googleが提供する検索連動型広告機能のことです。
DSAを利用すると、広告主のWebサイトと関連性が高いキーワードで検索しているユーザーに対し、ニーズを満たせるであろう広告を自動で生成・出稿できます。

広告主が設定するのは、「入札単価」「LP」「広告の説明文」の3項目のみ。
あとはGoogleがキーワードやタイトル、広告文などを自動で設定してくれます。

従来はキーワードの選定や登録、広告の作成を人が行う必要がありましたが、DSAではこういった作業を自動化できるため、広告主の負担が大きく削減されるでしょう。
キーワード登録では拾えない検索語句にもアプローチ可能なので、想定外のキーワードやターゲットを発見できて成果を向上させやすいというメリットもあります。

「商品の数が多い」「情報の更新頻度が高い」など、キーワードや選定や広告作成に時間がかかるサイトに向いている広告機能です。

 
シニヤン

DSAには多くのメリットがあるけど、意図しないキーワードでも広告が配信されてしまうというデメリットもあるよ。従来の広告も併用しながら、取りこぼしを防ぐためのサブの施策として活用することがおすすめだよ!