DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)とは

「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」とは、インターネット上に蓄積された多様な情報データを一元管理して分析し、広告配信などの最適化を実現するプラットフォームのことです。

データには自社の顧客データや購買情報、資料請求の入力フォームなどで収集した見込み客データなど、さまざまな種類があります。
また、オンラインショップ上の顧客の行動を記録したログデータや実店舗におけるPOS(販売時点情報管理)データなども、企業が保有するデータの種類として挙げられます。
こういった複数のデータを1ヵ所に蓄積・分類し、分析やレポーティングを行い、ほかのマーケティングツールと連携できるようにするのが、DMPなのです。

なお、DMPは大きく分けると2つの種類があります。
パブリックDMP:データ提供企業が保有しているユーザーの属性情報や行動履歴など、自社だけでは把握できないさまざまな情報を取得できる
プライベートDMP:自社独自で保有している行動履歴や購買履歴などのマーケティングデータと外部データを組み合わせて管理できる

DMPを活用すればマーケティングデータを一元管理することができ、消費者の指向性や興味関心を可視化できるようになります。
また、今まで気づけなかった新たなターゲットの発掘、マーケティング効果の向上などが見込めます。

ただし、まとまった初期費用やランニングコストなどがかかるため、費用面に気をつけながら導入を検討することが大切です。

 
シニヤン

DMPはあくまでデータを管理するためのものであり、データの活用は行ってくれないんだ。データをMAと連携させることで、フェーズごとに最適なアクションを自動で行えるようになるよ。可能であれば、DMPとMAはセットで使いたいね!

MA
「MA(マーケティングオートメーション)」とは、新規顧客の獲得や見込み顧客の育成などを自動化するための仕組みやプラットホームのことです。MAを行うためのツールを.....
CRMとは? 初心者でもわかる「顧客管理の基本」を説明!
CRMとは? 初心者でもわかる「顧客管理の基本」を説明!
CRMとは、Customer Relationship Management(カスターマー リレーションシップ マネジメント)の略で、「顧客関係管理」という意味.....
CRMとSFAの違いとは?具体的な違いを徹底解説!
CRMとSFAの違いとは?具体的な違いを徹底解説!
カスタマー・リレーションシップ・マネジメントの略である「CRM」と、セールス・フォース・オートメーションの略である「SFA」。それぞれどういうもので、どう違うの.....