デジタルサイネージとは

「デジタルサイネージ」とは、商業施設や駅、街頭などにディスプレイやプロジェクターなどの映像装置を設置し、情報を発信するシステムのことです。
わかりやすく言うと「電子看板」のことで、広告を掲載する媒体として活用されています。

デジタルサイネージは、情報を表示する「画面」と情報を取り込んで操作する「コントローラー」の2つを用いて再生する仕組みです。
さらに、内蔵された情報のみを表示する「オフライン使用」とインターネットに接続してWeb上の情報を表示する「オンライン再生」の2つの使用法があります。

従来、商業施設や駅で情報を発信するというとポスターや看板などが一般的でした。
しかし、デジタルサイネージではデジタル映像機器を用いることで、多くの情報を手軽に発信できるようになりました。

動画再生やタッチパネルとしての使用が可能なデジタルサイネージも増えてきており、消費者のニーズに合わせてリアルタイムな情報を配信できるようになった点がメリットです。
ただし、ある程度の初期費用がかかる点や、故障などの機器トラブルが発生するリスクがあることを理解して活用しなくてはいけません。

 
シニヤン

電子化されていない単なる広告のことを「サイネージ」と呼ぶんだけど、近年はデジタルサイネージを省略してサイネージと呼ぶことも増えてきているんだ。サイネージという言葉がどちらの意味で使われているのか、文脈から読み取る必要があるんだ。