DDos攻撃とは

「DDos(Denial of Service attack:サービス拒否攻撃)」とは、サーバーをパンクさせることを目的としたサイバー攻撃のひとつです。
特定のWebサイトやサーバーに対して大量のアクセスやデータの送信などを行うサイバー攻撃を「DoS攻撃(Distributed Denial of Service attack:分散型サービス拒否攻撃)」と言い、この攻撃を複数のコンピューターから大量に行うことを「DDos攻撃」と呼びます。

DDos攻撃の被害に遭うと、サーバーやネットワーク機器に大きな負荷がかけられてパンクしてしまいます。
その結果、サイトへのアクセスが阻害されたり遅延が起きたりしてしまい、企業の信頼度が低下してしまったり金銭的なダメージを被ってしまったりするのです。

ちなみに、DDosは複数のコンピューターから攻撃を行いますが、攻撃者が複数人いるわけではありません
1人の攻撃者がマルウェアを使ってほかの人のコンピューターを複数乗っ取り、それを踏み台にして一気に攻撃を仕掛けます。
一般人のデバイスがサイバー攻撃に悪用されてしまうため、攻撃を仕掛けた犯人を割り出すことが難しい点に注意が必要です。

DDos攻撃は、単純な嫌がらせや妨害、抗議活動や強迫行為、ほかの攻撃の目隠しなどとして行われます。

対策法としては、頻繁に攻撃を仕掛けるIPを特定してアクセス制限をかけたり、海外サーバーからのアクセスを遮断したりすることが有効ですが、攻撃元が次々に変わるため対処することが難しい傾向にあります。
DDoS攻撃の対策ツールもありますので、こういったものを活用しておくと安心でしょう。

 
シニヤン

「Dos攻撃」と「DDos攻撃」の違いは、攻撃拠点となるコンピューターの台数だよ。Dos攻撃は1台のコンピューターで大量に攻撃を仕掛けるんだけど、DDos攻撃は複数台のコンピューターから大量に攻撃するんだ。ややこしいけど、区別しておこうね!