データサイエンティストとは

「データサイエンティスト」とは、数学や統計学、プログラミング、機械学習などの理論を活用し、膨大なデータを分析して洞察を導き出す「データサイエンス」を行なう人のことです。

近年のビジネスでは、できるだけ多くの情報を蓄積し、それを活用することが求められるようになってきました。
しかし、単なるビッグデータをそのまま活用することはできないため、データサイエンティストが有益な情報を導き出し、ビジネス上の課題解決に活用していく必要があるのです。

たとえば飲食店の過去の売上データを加工し、曜日別・時間別に来客数を可視化したり注文の傾向を分析したりして、食材の仕入れ量を決める判断材料を提供する、といったことがデータサイエンティストの具体的な仕事内容です。

今後も各企業が蓄積するデータ量は増えていき、そのデータを活用したAI技術も進歩していくことが予想されます。
そのためデータサイエンティストは、年々需要が高まりつつある非常に将来性のある仕事だと言えます。
企業においては、優秀なデータサイエンティストの確保や育成が今後のビジネスを成功させるカギとなるでしょう。

 
シニヤン

ちなみに、データサイエンティストになるために特別な資格が必要になることはないよ。その代わり、データを分析する情報処理能力や「ITスキル」、データサイエンスを運用できるようにする「データエンジニア力」、課題を理解したうえで解決する「ビジネス力」の3つのスキルが求められるんだ。