データマイニングとは

「データマイニング」とは、統計学や人工知能などを駆使し、データを分析して傾向やパターンを発見する手法のことを指します。
データマイニングでは「発生確率の予想」や「データの特徴ごとの分類」、「関連性の抽出」などが可能です。

膨大な量のビッグデータをマーケティングに活かすためには、ただ情報を集めるだけではなく、データマイニングして「使用できる知識」を見出すことが大切です。
データマイニングでは顧客の購買行動などを分析して購入率や商品の分類などを導き出し、マーケティング施策の考案に役立てていきます。

なお、データマイニングは以下の2種類に分類されます。
①機械学習:蓄積されたデータをもとに、人工知能などを用いて新しいパターンやルールといった知識を発見する
②統計分析:回帰分析や因子分析などを用いて、仮説や目的に沿って課題解決に必要なデータを集めて分析する

実際にデータマイニングを行うときは、ツールを活用することが一般的です。
ツールがあれば人工知能や統計学の深い知識がなくても、マーケティングに活かせる傾向や戦略を発見できるようになります。

 
シニヤン

ちなみに、データマイニングにはさまざまな手法があるんだ。データの類似性にもとづいて分類する「クラスタリング」や、特定の事象が起きるか・起きないかを分析する「ロジスティック回帰分析」などが代表的な手法として挙げられるよ。