CTRとは

「CTR(Click Through Rate)」とは、広告が表示されたときにクリックされた割合のことです。
広告への誘導効率を測ることができ、どれほどユーザーに興味を持ってもらえる広告が掲載できているのかを客観的な数字で表す指標です。
一般的に、CTRの平均は1%前後だと言われていますが、広告の種類や業界によって平均値は異なります。

なお、「CTR(%)=クリック数÷インプレッション数×100」で算出できます。
たとえばインプレッション数が5,000のサイトで500回広告がクリックされたら、
CTR=500÷5,000×100=10%ということになるのです。

CTRが多いとそれだけサイトへの訪問数が増えるため、広告効果が高いということになります。
また、CTRが高い広告は良質な情報だと判断され、クリック単価が低くなる優遇処置が受けられるというメリットがあります。

 
シニヤン

ちなみに似たような言葉として、1クリックあたりの単価のことを表す「CPC(Click per Cost)」や、コンバージョン率を表す「CVR(Conversion Rate)」というものがあるよ。非常に混同しやすいから、しっかりと区別しておこう!


【初心者向け】Web広告の成果指標って?重要な基本用語と立て方を解説
【初心者向け】Web広告の成果指標って?重要な基本用語と立て方を解説
課金方式のWeb広告を出稿するときは、ただ広告を出すだけではなく、成果を把握してより高い効果が得られるように改善を繰り返していくことが大切です。この記事では、W.....
CPC
「CPC(Cost Per Click)」とは、1クリックあたりの広告費用のことです。クリックされるたびに料金が発生する、リスティング広告などの「クリック課金型.....
CVR
「CVR(Conversion Rate)」とは、コンバージョン(CV)を達成した割合のことです。CVRを求めるためには、「CVR(%)=CV数÷.....