クロスセルとは

「クロスセル」とは、顧客が購入しようとしている商品とは別の商品、もしくは関連する商品を提案するマーケティング手法のことです。

たとえばパソコンを購入する顧客に対し、セキュリティソフトや高性能なモニターを提案して、セットで購入してもらうことがクロスセルの一例として挙げられます。
ECサイトで商品を購入する際、関連商品を表示することも代表的なクロスセルの手法です。
クロスセルを成功させるために、割引や送料無料などの特典を付与するケースも少なくはありません。

クロスセルを行うと顧客一人あたりの単価がアップしますし、良好な関係の構築に役立ってくれます。
新規で顧客を獲得するよりも少ないコストで売上の向上が目指せるので、非常に効率的で有効な戦略です。

ただし、一歩間違うと押し売りになってしまうため注意が必要です。
顧客一人ひとりに合った提案をするためには、多くの経験や知識が必要になります。

 
シニヤン

クロスセルと似たような言葉として、「アップセル」というものがあるよ。アップセルは、顧客が購入しようとしている商品の上位モデルや高額モデルを提案し、単価アップを狙うマーケティング手法だよ。こっちもしっかりと覚えておこう!


アップセル
「アップセル」とは、顧客が購入した商品よりも高額な上位モデルの商品を勧めるマーケティング手法のことです。顧客あたりの単価向上を狙えるため、より収益の向上を目指せ.....