コンテキストとは

「コンテキスト」とは、英語で「文脈」を意味する言葉です。
「状況」や「脈絡」、「前後関係」などといった意味で用いられることが多く、「どのような段階を踏んで現状に至ったのか」ということを指して使われるとイメージしておけば問題ないでしょう。
ビジネスやシーンやIT用語としてコンテキストを使用する場合、利用者の意図や状況、環境や基準となる条件などを指すことが多いです。

マーケティングにおいては、消費者の心理や背景を理解し、それにふさわしい商品を提供することを「コンテキスト・マーケティング」と言います。
日時や場所、行動などの条件に最適なタイミングで商品を提供することで、購買意欲を効率的に向上させることができます。

代表的なコンテキスト・マーケティングとしては、Google AdWordsが具体的な例として挙げられます。
Google AdWordsは検索キーワードや検索者の目的・状態を踏まえて広告を配信できるため、購買の可能性を高めて、ユーザーからの信頼を勝ち取ることができます。

 
シニヤン

コンテキストは、特定の何かを指すのではなく曖昧な概念を意味する言葉だから、使用されるシーンで意味が少しずつ異なってくるんだ。コミュニケーションの齟齬が生まれないよう、注意しながら使用してね!

Google Adwords
「Google Adwords」は、Googleが提供する広告主向けの広告出稿サービスです。 ちなみにGoogle Adwordsは以前の呼び名で、現在は「Go.....