カンプとは

「カンプ」とは、広告やWebサイトなどを制作する際に、制作物の仕上がりを確認するために作られる完成イメージのことです。
デザインカンプとも呼ばれるもので、包括的レイアウトという意味を持った「Design Comprehensive Layout」を省略した呼び方です。

カンプは、クライアントへの提案制作メンバーとのデザインやアイデアを共有するためには欠かせないものです。
カンプとして具体的な見本を提示することで、コミュニケーションの中で齟齬が生まれることを防ぎ、詳しいデザインの決定が可能です。

広告やWebサイトを制作するときは、制作するページの構成図となるサイトマップを作成し、ワイヤーフレームでコンテンツを大まかに配置します。
その後、カンプで制作物の完成形をイメージできるようにして、それに基づいてプログラムを行っていく流れが一般的です。

カンプは完成形の見本となるため、ユーザビリティを意識しながらフォントや文字サイズ、余白やバナーサイズなど、細かいところまで正確に表すことが大切です。

 
シニヤン

カンプを作成するときは、PhotoshopやIllustratorなどのデザインツールを使用することが一般的だよ。カンプのデータをもとにその後のコーディングが行われるから、とにかく正確に作成することが求められるんだ。

ラフ
「ラフ」とは「おおかま」という意味を持つ英語で、簡単に作成したデザインやイメージ画像のことです。 Web広告の世界では、広告やWebサイトの完成イメージを共有す.....
KV(キービジュアル)
「KV(キービジュアル)」とは、Webサイトやパンフレット、カタログなどにおいてメインになる画像のことを指します。もっとも目立つ場所に配置されるため、Webサイ.....