コホートとは

「コホート」とは、簡単に言うと仲間グループのことを意味しています。

同じ属性を持つユーザーの集団を指しており、グループ分けする際の要素はどのようなものでも問題ありません。
たとえば「同じ店舗で同じ商品を購入したユーザー」や「20代のユーザー」などといった条件を設定し、グループ分けしたものをコホートと呼びます。

マーケティングでは、「コホート分析」という手法がよく用いられます。
年齢や世代、時代などといった要素でユーザーをグループ分けし、その集団の行動について分析することで、施策の効果や今後の行動予測、ニーズに合った商品開発に役立てていくのです。

なお、Googleアナリティクスにおけるコホート分析は、ユーザーを日別に分けて行動を分析する機能のことを指します。
たとえば、ある週にWebサイトへ訪問したユーザーが何割再訪問してくれるのか、その後14日にどれくらいコンバージョンに至ったかについて分析することが可能です。
同じ時期に訪問してくれたユーザー(コホート)は、異なる時期に訪問してくれたユーザーと比べるとニーズや流入経路が似ています。
そのため、定着率や改善策を判断しやすいというメリットがあるのです。

 
シニヤン

Googleアナリティクスのコホート分析は、「ユーザを初獲得した日」をグループ化して定着率やコンバージョン数などを分析する手法なんだ。一般的なコホート分析のようにいろいろなグループ分けができるわけではないから、気をつけようね!

コンバージョン(CV)
「コンバージョン(CV)」とは、Webサイトにおける最終的な成果のことを指します。マーケティングにおける最大の目的は、広告効果を最大化させてコンバージョンを効率.....
セグメント
「セグメント」とは、集団やまとまりを指標にもとづいて区切ったもののことです。 マーケティングにおいては、ユーザーの年齢や性別、職業や地域などによって集団を区分し.....