クラスターとは

「クラスター」は、ビジネスにおいて多くの集団の中から似た者同士を集めた小さな集団という意味で使用されます。
もともとブドウの房を意味する英単語で、群れや集団という意味を持つ言葉でした。

マーケティングでは、異なる性質のものが混同する集合体から類似した性質のものを集めてクラスターを作り、利用しやすいデータにする「クラスター分析」を行うことがあります。
分析したデータは、メニューを分類して最適なセットを作る、顧客を「高級品志向タイプ」「流行追求タイプ」などに分類し、それぞれに合ったアプローチをするなどといったマーケティング戦略に活用できます。
この手法は、市場調査や顧客アンケート、顧客情報の分類などに用いられることが一般的です。

注意したいのは、性別や年齢、居住地域などのように基準がはっきりとしている集団に分けることはクラスター分析と呼べないところです。
クラスター分析は、外的基準が曖昧な情報を分析する際に活用される手法だということを押さえておきましょう。

なお、クラスター分析には以下の2つの種類があります。
階層型クラスター分析:データ間の類似度と非類似度を計算し、特定の「距離測定方法」を用いてグループ分けする
非階層クラスター分析:最終的なクラスター数を決めたあとに、自動でグループ分けする

クラスター分析を行う際は、担当者の主観が入らないように注意する必要があります。
また、クラスター分析だけでは分析できない対象があることも理解してきましょう。

 
シニヤン

クラスター分析の結果は100%性格なものではないから、絶対視することは避けたほうが安心だよ。ほかの手法と組み合わせながら、より正確な調査結果を追求することが大切なんだ。

RFM分析
「RFM分析」とは、顧客を分析するための手法の一つです。購買行動によって顧客をグループ分けして可視化することで、それぞれの特性に合ったマーケティング施策を実行で.....