キャズムとは

「キャズム」とは、顧客に新しい商品やサービスを浸透させるときに乗り越えないといけない障害や溝などのことを意味します。

新しい商品やサービスが出たとき、すぐに多くの人に受け入れてもらうことはできません。
一定の認知度に達したあとは、深い溝や障害を乗り越えないと、市場開拓をすることはできないとされているのです。
この考え方を、「キャズム理論」と言います。

なお、キャズム理論は以下の5つの消費者タイプをもとに展開されています。
①イノベーター:商品の先進性や新規性への価値を感じ、最初期に商品やサービスを採用する層
②アーリーアダプター:商品やサービスのメリットを重要視し、普及可能性の高いものをいち早く採用する層
③アーリーマジョリティ:アーリーアダプターの影響を受け、話題の商品やサービスを採用する層
④レイトマジョリティ:周囲の動向を見定め、採用を検討する層
⑤ラガード:保守的で、伝統や文化になるまで採用しない層

キャズム理論では、上記のうちアーリーアダプターとアーリーマジョリティの間に大きなキャズムが存在していると考えられています。
これは、「新しさ」だけで採用を検討する層が限られているためです。

商品やサービスを普及させるためには、キャズムを超えて「新しいモノ」から「安心して使えるモノ」に認識を変化させていく必要があります。
キャズムを超えるためには、実績や数字を提示して安心感を与えることユーザビリティの向上市場を狭くしてシェアを獲得するといった手法が有効です。

 
シニヤン

ちなみに、キャズム理論のベースとなっているのが「イノベーター理論」なんだ。この理論では、キャズム理論でも言及されている消費者タイプの分類を定義し、商品やサービスが受け入れられるプロセスを説いているよ。あわせてチェックしておこう!