チャネルとは

「チャネル」とは、企業が作った商品やサービスが消費者に届くまでの経路のことを意味します。

マーケティングチャネルと呼ばれることもあり、おもに以下の3つの種類に分けることができます。
①販売チャネル:小売業者やEコマースなど、顧客へ商品やサービスを販売する経路。
②流通チャネル:流通業者や小売業者など、商品やサービスを見せたり届けたりする経路。
③コミュニケーションチャネル:インターネットマスメディアなど、顧客とやり取りするための経路。

また、チャネルの形態によって以下の3種類に分類可能です。
①マルチチャネル:チャネルが複数存在すること。
②クロスチャンネル:複数のチャネルが存在し、かつ顧客管理(CRM)システムなどを活用してチャネルを横断して情報を管理すること。
③オムニチャネル:実店舗やECサイト、マスメディアやSNSなどすべてのチャネルを統合・連携した状態のこと。

近年は、インターネットやスマートフォンの普及により消費者がメーカーから直接商品を購入できるようになったため、チャネルが単純化してきました。
その一方で、実店舗だけではなくさまざまな方法で消費者と関わりをもつ「オムニチャネル」が重要視されるようになりました。
商品特性やターゲットに合わせ、効率的に販売できるチャネルを複数組み合わせることが大切です。

 
シニヤン

「マルチチャネル」「クロスチャンネル」「オムニチャネル」の3つのチャネル形態は、マーケティング戦略を考えるときに重要になるみたいです!とくにオムニチャネルは今後の主流となっていくので、必ず押さえておきたいですね!