CDPとは

「CDP(Customer Data Platform)」とは、企業が蓄積している顧客データを管理するためのプラットフォームのことです。

企業が効果的なマーケティングをするためには、顧客のデータを集めたり分析したりする必要があります。
ここで収集する顧客データには、個人情報のほかにも行動履歴や属性情報など、多種多様なものが含まれます。
CDPを導入することで、Webサイトや会員情報などを通して自社で取得した膨大なデータ(1st partyデータ)を収集・統合して、まとめて管理することが可能となるです。

ただし、CDPは情報を管理するためのプラットフォームで、Web接客などを行うアウトプット機能はありません。
そのため、MAなどのほかのシステムと連携して活用することが欠かせないのです。

インターネットの発展により消費者が自身で情報収集できるようになった今、顧客の心をつかむためには一人ひとりにマッチした提案をする「One to Oneマーケティング」を実施することが重要です。
そのため、顧客ごとのデータを効率的に管理して、情報をマーケティングに活用しやすくするCDPの必要性が高まってきています。

 
シニヤン

CDPの関連用語として、情報を管理して広告配信を最適化する「DMP」というものもあるよ。DMPは広告配信に特化したプラットフォームで、CDPはあらゆるマーケティング施策に対応できるプラットフォームなんだ。しっかりと区別しておこう!

DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)
「DMP(データ・マネジメント・プラットフォーム)」とは、インターネット上に蓄積された多様な情報データを一元管理して分析し、広告配信などの最適化を実現するプラッ.....
CRMシステムを導入したいあなたへ! メリット / デメリットを徹底解説!
CRMシステムを導入したいあなたへ! メリット / デメリットを徹底解説!
顧客を中心に考えたビジネス展開で顧客満足度をアップし、効率的に利益を向上していく「CRM」システム。今回は、CRMシステム導入を検討している方のために、導入によ.....