キャッチコピーとは

「キャッチコピー」とは、企業やサービス・商品などの魅力を一言で的確に表す宣伝文句のことです。
意外性のある一言やユニークな一言などで、ブランドの特徴をコンパクトにまとめたキャッチコピーを作成できれば、消費者の心を掴んで訴求したいポイントを印象づけることができます。

有名なキャッチコピーとしては、たとえば以下のようなものが挙げられます。
・タワーレコード:NO MUSIC NO LIFE
・株式会社ロッテ:お口の恋人
・株式会社ファミリーマート:あなたと、コンビに、ファミリーマート
・インテル株式会社:intel inside/インテル入ってる
・コスモ石油株式会社:ココロも満タンに

なおキャッチコピーで訴求したい内容は、サービスや商品だけとは限りません
企業の印象を良くしたり、そのほかの自社が設定する最終的な目的へ誘導するための「キッカケ」をつくったりすることを目的にキャッチコピーを作成することもあります。

キャッチコピーを作成するときは、ターゲットのニーズや課題を踏まえ、そこに訴求できるキーワードを組み合わせることが有効です。
すぐに理解できるリズム感のある文章で、驚きや発見、ベネフィットが感じられるオリジナリティのある内容を意識すると、魅力的なキャッチコピーを作成できるでしょう。

 
シニヤン

類似語として「キャッチフレーズ」も押さえておこう!キャッチフレーズは、販売促進以外の目的でも幅広く使われる決り文句を指すよ。たとえば、映画ターミネーターの「I’ll be back.」が一例として挙げられるよ。