バスケット分析とは

「バスケット分析」とは、顧客がレジに持っていく買い物カゴ(バスケット)の中身を分析し、マーケティングに活かす手法のことです。
買物カゴの中身を見れば、どの商品とどの商品が一緒に買われやすいのかがわかり、新たなマーケティング施策を打ち出せるようになります。

バスケット分析の有名な事例として、おむつとビールのエピソードが挙げられます。
これは、おむつとビールが一緒に買われることが多いことがバスケット分析により判明し、隣に陳列したところ売上が伸びたというエピソードです。

バスケット分析を行なうことで、顧客の行動をより深く理解できるようになります。
ここで得られた結果を活かして販売活動を行なうことで、効率的に商品を販売できるようになるのです。

なおバスケット分析は、実店舗はもちろんECサイトでも活用されています。
ECサイトでおすすめ商品を表示するレコメンド機能は、このバスケット分析の結果がもとになっています。

 
シニヤン

ちなみにバスケット分析は、膨大なデータから「こうだったらこうなる」という関連性を見つけ出すアソシエーション分析の一種なんだ。アソシエーション分析をマンパワーで行なうと大変だから、データマイニングツールの導入がおすすめだよ。