BANT条件とは

「BANT条件」とは、企業が収集した情報データのうち、マーケティング活動を通して成果に結びつく可能性が高そうな案件を選別し、絞り込んでいくための4つの条件のことです。

BANT条件は以下の項目で構成されており、これらを念頭にヒアリングすることで見込みが高い顧客を選別できます。
①Budget(予算):予算が確保できるかどうか
②Authority(決裁権):商談相手に決裁権があるかどうか
③Needs(必要性):自社の提案と企業のニーズがマッチしているかどうか
④Timeframe(導入時期):具体的な導入時期やプロセスをどのように希望しているのか

上記の条件がひとつでも欠けていると、商談は成立しません
BANT条件についてヒアリングすれば成約基準が明確化され、商談が円滑化されます。
営業戦略の立案にも役立つため、営業部全体のレベルアップにも効果的です。

 
シニヤン

BANT条件はデータ化して蓄積し、営業活動の材料として活用することが大切だよ。BANT条件をデータ化するときは、営業支援システムであるSFAが最適なんだ。商談の成約率をアップさせるためにも、ぜひBANT条件をSFAと一緒に活用してみてね。

SFA
「SFA(Sales Force Automation)」とは、営業を支援してくれるシステムのことを指します。顧客の情報や商談化案件を一元管理できるツールで、ど.....
CRMとSFAの違いとは?具体的な違いを徹底解説!
CRMとSFAの違いとは?具体的な違いを徹底解説!
カスタマー・リレーションシップ・マネジメントの略である「CRM」と、セールス・フォース・オートメーションの略である「SFA」。それぞれどういうもので、どう違うの.....
リードナーチャリング
「リードナーチャリング」とは、獲得した見込み顧客(リード)を育成することです。Web広告やセミナーなどで集めた見込み客に対して、中長期的かつ適切なタイミングでコ.....