バックドアとは

「バックドア」とは、サイバー攻撃によって侵入されてしまった際、攻撃者によって秘密裏に作られる裏口のことです。
バックドアがあることで攻撃者が自由に出入りできるようになり、深刻な被害に遭ってしまう可能性があります。

バックドアは昔からある手法ですが、近年は手口が巧妙化しています。
・マルウェアに感染させてバックドアを作る
・不正アクセスでコンピューターに侵入してバックドアを作る
・プログラム開発の際にバックドアを仕込んでおく

バックドアを作られてしまうと、ハッキングやデータ改善、個人情報の抜き取りやサイバー攻撃の踏み台としての悪用などといった被害に遭ってしまいます。
不審なWebサイトやメールを開かない、OSやセキュリティソフトを最新の状態に保つなど、日ごろからセキュリティ意識をもってコンピューターを利用することが肝心です。

 
シニヤン

ちなみに、バックドアは悪意のあるソフトウェアである「マルウェア」のうち、「トロイの木馬」で設置されることが多いよ。安全なソフトウェアやアプリを装ってデバイスにインストールさせる手法のマルウェアだから、危険性に気づきにくいんだ。

マルウェア
「マルウェア」とは、パソコンやスマートフォンなどのデバイスに不正かつ有害な操作を行うために作成された、悪意のあるソフトウェアやコードのことです。英語の「mali.....
トロイの木馬
「トロイの木馬」とは、デバイスに不正かつ有害な操作を行うために作成された、悪意のあるソフトウェア(マルウェア)の一種です。 悪質ではない、もしくは有用性の高いプ.....