アソシエーション分析とは

「アソシエーション分析」とは、顧客が商品を購入するときの購入パターや履歴を分析し、商品の売れ行きについて関連性を導き出すマーケティングのデータ分析手法です。
アソシエーション分析を行えば顧客が将来的に行う購買行動を導き出せるため、効果的な訴求方法が見えてきます。

アソシエーション分析では、たとえば以下のようなことがわかります。
・商品Aと商品Bを一緒に購入することが多い
・Aのような情報化の場合、商品Bと関連カテゴリCの商品が一緒に売れる
上記のように分析で得られる相関関係は、「アソシエーションルール」と呼ばれます。

なお、分析は「マシーンラーニングモデル」という形式を用いて行われます。
「IF(仮に~なら)」「THEN(こうなる)」という2つのパートが重要視されており、以下の3つの指標を使用することが一般的です。
・支持度(Support):Aを購入した顧客のうち、一緒にBを購入した顧客がどれほどいるのかを確率として算出した値
・確信度(Confidence):AとBの購入が同時に発生する割合を表した値
・リフト値(Lift):AがBの購入率をどれほど持ち上げるのかを表した値

アソシエーション分析は、顧客が購入しようとする商品の上位モデルを提案する「アップセル」や、関連商品を提案する「クロスセル」に役立ち、売上の向上に貢献してくれます

 
シニヤン

アソシエーション分析の手法のひとつとして、顧客の購入履歴から消費行動の法則性を見出す分析手法である「バスケット分析」があるよ。アソシエーション分析は小売業以外でも利用されるけど、バスケット分析は購買行動のみに対して行なわれるんだ。