APIとは

「API(Application Program Interface)」とは、アプリケーション、ソフトウェアとプログラムを繋ぐもののことです。
近年は異なるネットサービスの機能を共有する「WebAPI」という概念が広がってきました。

たとえば、以下のようなものがAPIとして公開されています。
・SNSなどのWebサービスを自社サイトに埋め込むAPI
・ホームページの店舗地図にGoogle Mapを埋め込むAPI
・ブログ上でYouTubeを再生できるAPI

APIを「公開」すると、ソフトウェアやアプリケーションなどの一部を外部に公開することになるため、第三者が開発したソフトウェアと機能を共有できます。
公開されたAPIで外部アプリケーションとプログラムを組み合わせることで、効率的に新しいアプリケーションの開発が行えるのです。

 
ビギニャー

APIは開発者と利用者の両方のニーズを満たすことができるんですね~。アプリケーションやWebサイトを制作するときに活用できるよう、しっかりと覚えておかなきゃです!