AIDMAとは

「AIDMA」とは、消費者の購買決定プロセスを説明するためのフレームワークのひとつです。
「Attention(注意)」「Interest(関心)」「Desire(欲求)」「Memory(記憶)」「Action(行動)」の頭文字を取った言葉です。

それぞれのプロセスの詳細は、以下のとおりです。
①Attention:商品やサービスを認知する段階
②Interest:顧客が商品やサービスへ興味関心を抱く段階
③Desire:顧客が商品やサービスを手に入れたいと意欲を抱く段階
④Memory:顧客に商品を購入しようと思わせるためにリマインドする段階
⑤Action:商品を実際に購入する段階

AIDMAは、ペルソナの設定マーケティング施策の立案に役立ちます。
それぞれの段階ごとに顧客の購買プロセスを理解すれば、各プロセスで適切なアプローチの方法が見えてきます。

 
シニヤン

消費者の行動を分析するには、購入後のSNSのシェア行動までを分析する「AISAS」、インターネットで購買行動を取るときの行動を分析する「AISCES」などがあるよ。フレームワークは数多く存在しているから、必要なものを見極めて活用しよう!

AISAS
「AISAS」とは、顧客の購買行動プロセスを説明するためのフレームワークのひとつです。インターネットで得た情報をもと顧客が商品を購入するまでのプロセスを表したも.....
ペルソナ
「ペルソナ」とは、自社の製品やサービスの利用を想定する詳細なユーザー像のことを意味します。 マーケティング施策を打ち出すときは、対象となるユーザーへの訴求力を上.....
カスタマージャーニー
「カスタマージャーニー」とは、顧客が商品を購入・利用するまでのプロセスのこと。商品をどのように認知し、接点を持ちながら購買まで至るのか、その道のりを旅に例え、時.....