アドボカシーマーケティングとは

「アドボカシーマーケティング」とは、企業やブランドを支援・擁護してくれる顧客と信頼関係を構築するために、お客さま目線のサービスを提供するマーケティング手法のことです。
アドボカシー(Advocacy)は、「支援」や「擁護」といった意味を持つ言葉です。
こういった熱狂的な顧客を獲得することで、長期的に選び続けてもらえる企業やブランドを目指せます

支援者となってくれた顧客は商品を買ってくれるだけではなく、商品を知人に勧めたり、インターネットでの口コミで発信を行ったりして貢献してくれます。
そのためアドボカシーマーケティングは、IT技術が発展して情報収集しやすくなった現代の市場において、とても大切な考え方なのです。

支援者や擁護者を集めるためには、単に商品を安く売ったり、目先の利益を追求したりする施策だけでは不十分です。
長期的な関係性を築くためには、顧客のためになることを追求し、厳しい意見への対応や消費者のニーズを満たせるサービスの提供などに取り組むことが欠かせません。

たとえ一時的に企業の不利益となる施策であっても、顧客の目線に立って誠実かつ信頼を獲得できる対応をすることが、アドボカシーマーケティングにおいては重要となります。

 
シニヤン

アドボカシーマーケティングの重要性が高まったのは、現在の市場が「企業主導」から「顧客主導」になってきているからなんだ。支援者になってくれた顧客は、情報発信を通して企業とともにマーケティングを行う重要な存在になってくれるよ。