5W1Hとは

「5W1H」とは、あらゆるビジネスシーンで活用できるフレームワークです。
5W1Hは、「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(だれが)」「What(なにを)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」の頭文字を取った言葉です。

マーケティングで5W1Hを活用する際は、以下のような内容を考えていきます。
・When:いつ商品を販売するのか、いつ顧客の購買意欲がたかまるのか
・Where:商品をどこから仕入れてどこに提供するのか
・Who:誰が商品を利用するのか、誰にメリットがあるのか
・What:何を提供するのか、ターゲットが抱えているどんな課題を解決できるのか
・Why:なぜ商品を利用するのか、ターゲットの抱える問題や願望はなにか
・How:どうやって販促活動をして集客するのか、競合はどうやってプロモーションしているのか

5W1Hは、商品開発だけではなく企業コンテンツの作成マーケティング戦略の立案などにも活用できます。
また、社内でのコミュニケーションや経営戦略の考案にも役立つ基本のフレームワークなので、身近なところから実践してみてください。

 
シニヤン

ちなみに、5W1Hに「hou mach(いくら)」が加えた5W2Hや、「hou many(どのくらい)」が加わった5W3H、5W2Hに「whom(だれに)」が加わった6W2Hといった派生系のフレームワークもあるよ!必要に応じて使い分けよう!