5:25の法則とは

「5:25の法則」とは、顧客離れを5%改善することで利益率が25%改善される法則のことです。

売上を向上させるために新規顧客を獲得するという手段もありますが、新規顧客の獲得は既存顧客に商品を販売するときの5倍のコストがかかるという「1:5の法則」もあります。
そのため、新規顧客を獲得するよりも既存顧客にアプローチし、顧客離れを防いで売上を向上させるほうが企業の利益につながりやすいと考えられているのです。

また、既存顧客は紹介などを通して新規顧客をもたらしてくれますし、リピートする際に上位サービスを購入することも考えられるため、利益率の向上に貢献する可能性が非常に高いです。
一度サービスを購入した顧客であれば、販売活動の際に商品の説明にかける時間を削減できるため、時間的・人的コストを抑えて商品を販売できるという利点もあります。

顧客離れを防いで利益率を上げるためには、既存顧客の優遇定期的な情報発信各顧客に合ったアプローチを行なうことが有効です。

 
シニヤン

今回紹介した既存顧客のフォローも大切だけど、もちろん新規顧客の獲得も大事だよ。どちらかだけに偏るのではなく、新規顧客にも既存顧客にもバランスよくアプローチしていくことが大切なんだ。