4Cとは

「4C」とは、顧客の視点を重要視したマーケティングの考え方・フレームワークのことです。
Consumer value(顧客価値)、Cost(価格)、Convention(利便性)、Communication(コミュニケーション)の頭文字を取ったもので、この4つの要素を組み合わせると、ターゲットへの適切なアプローチが可能となります。

4Cにおけるそれぞれの要素の考え方は、以下のとおりです。
①顧客価値:性能や品質、ブランドイメージやデザインなど顧客が企業や商品に抱く価値
②価格:顧客がサービスに対して支払える価値や価格が顧客に与える影響
③利便性:商品やサービスが顧客にとって利便性の高いものになっているかどうか
④コミュニケーション:オンラインやオフライン、SNSなど顧客との接点や関係性、企業の意志が顧客に伝わっているか

4Cで分析した内容は、新商品や既存商品、競合他社の分析に活用できます。
顧客視点から離れず、商品の価値や魅力を提供できるように意識しながら分析を進めることが大切です。

 
シニヤン

顧客の視点ではなく企業側の視点に立って考えるフレームワークとして、「4P分析」というものがあるよ。4P分析では、Product(製品・サービス)、Price(価格)、Place(提供方法)、Promotion(販促活動)を分析するんだ。