1:5の法則とは

「1:5の法則」とは、新規の顧客を1人獲得するためには、既存顧客に販売するときの5倍ものコストがかかるという法則です。

新規顧客の獲得は非常に重要ですが、コストがかかるうえに利益率が低い傾向にあります。
そのため、マーケティングの際は新規顧客獲得以上に既存顧客の維持が肝心であると考えられているのです。

たとえば、新規顧客の獲得には広告の出稿やアウトバウンド営業、展示会への出展などが必要になります。
これらの活動には当然コストがかかりますが、成約につながる顧客は一握りです。

それに対し、既存顧客は一度商品やサービスを購入しているため、再購入の心理的抵抗感が低くリピートしてもらいやすいという特長があります。
中長期的に商品を購入し続ける生涯顧客の育成を目指したいときは、既存顧客のロイヤルティを高める施策が非常に大切です。

ただし、新規顧客を獲得しなければ企業の利益拡大は難しいでしょう。
マーケティング成果を得るためには、どちらからに偏るのではなく新規顧客と既存顧客の両方にバランスよくアプローチすることが欠かせません。

 
シニヤン

ちなみに、関連する法則として「5:25」の法則というものもあるよ。この法則は、顧客離れを5%改善すれば、利益が最低でも25%改善されるという法則なんだ。マーケティングの基本となる考え方だから、しっかりと押さえておこうね。