「評価方法」が違う?「GA4」、旧ver.からの一番大きな変更点

「評価方法」が違う?「GA4」、旧ver.からの一番大きな変更点

オンライン集客のためには習得必須ともいえるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」が、2020年10月に新バージョンにアップデート。「Googleアナリティクス4プロパティ(GA4)」としてリリースされました。前バージョンからの変更点が多数あるこのツールですが、今回は、この「GA4」の一番大きな変更点についてご紹介します。

「GA4」、旧Googleアナリティクスとどう違うの?
「GA4」、旧Googleアナリティクスとどう違うの?
訪問者のデータを計測し、自社サイトにどんなユーザーが興味をもってくれているかを知るのに役立っていた「Googleアナリティクス」。次世代Googleアナリティク.....

 
シニヤン

さてビギニャー君、『「GA4」の主な4つの変更ポイント』については教えたね。今度は、その中で最も重要なポイントを深掘りしていくよ。


 
ビギニャー

最も重要なポイント……!?


 
シニヤン

うん。まず、「GA」と「GA4」の違いでどこがいちばん重要なのかって言うと……「GA」と「GA4」では、ページに対する評価方法が全く違うってところなんだ。

色々変わった「GA4」。でも、いちばん変わったのは?

旧バージョンと比べて色々な変更点のあった「GA4」。
主な変更点としては、以下の4点が挙げられます。

①cookieに依存しないデータ計測が可能になった!
②セッション(サイトに流入してから離脱するまでの一連の流れ)の定義が変わった!
③エンゲージメント(サイト内行動の分析に使われる指標)の定義が追加された!
④機械学習で将来の予測が行えるようになった!

この中で最も抑えておくべき点は、ずばり「評価方法の変化」でしょう。

上記でいえば、②や③の定義の変更や追加といったところがこれに関わってきます。

 
ビギニャー

あっ!確か、GAとGA4では「評価の基準が変わった」って言ってましたよね!


 
シニヤン

そうそう、それ。今回は、この「評価の基準」の部分についてをちょっと詳しく話していくよ。

「評価の基準が変わった!」GA4は、ページビューベースからイベントベースの評価へ

セッションの定義の変更と、エンゲージメントの定義の追加。
これがつまりどういうことかというと、
『旧Googleアナリティクスでは「ページビュー」ベースの評価だったのが、
 GA4では「イベント」ベースでの評価に変わった』
ということです。

では、そもそも「ページビュー」や「イベント」とは何なのでしょう?

 
ビギニャー

「ページビュー」……「イベント」……き、聞いたことはあるような……!


 
シニヤン

ようし、それぞれ説明していくよ。まずはGoogleアナリティクスでの評価基準だった「ページビュー」から。

GA計測での評価基準であった「ページビュー」とは

Googleアナリティクスでいう「ページビュー」とは、ページが読み込まれた数に対する計測を指します。

つまり「ページが読み込まれた回数」を計測し、その回数が多ければ多い程高評価……というのが、
今までの基本的な評価基準でした。

またそれに加え、Googleアナリティクスでは「ユーザー数(サイトを訪れたユーザーの数)」「セッション数(サイトが訪問された数)」なども計測されていて、サイトがどれだけのユーザーに興味をもたれているのかなどを確認するための指標となっています。

 
ビギニャー

ふむふむ、つまり……いっぱい来てくれたら良いサイト!っていう評価方法みたいな感じですか!?


 
シニヤン

ははは、それだけってわけじゃないけど、そういう評価方法がベースになってた感じかな。でもGA4では、それが別の評価方法に変わったんだ。

GA4計測での評価基準「イベント」とは

「イベント」評価は、クリックや動画の再生等といった”アクション”に対する計測です。

ユーザーが訪れたサイトを熟読したのかすぐに離脱したのか、さまざまなアクションを細かに計測するので、評価がより精密になっています。

例えば、ユーザーのAさんとBさんがサイトを訪問し1ページ目で直帰した場合、
旧GAでは「どんな行動をしていてもAさんとBさんの評価は同じく低評価」でしたが、
GA4では「AさんとBさんがそのページでどんな行動をしたのか」を解析して評価します。
もしもAさんが1ページ目で動画を5分試聴していれば、Aさんの評価は
「直帰であっても、コンテンツをしっかり視聴しているので高評価」となるのです。

 
ビギニャー

ふむふむ……単純に来てくれた人を数えるんじゃなくて、ひとりひとりがどれだけ興味をもってくれたかを重視するようになった……という感じでしょーか!


 
シニヤン

おっ、理解が早くていいね。まあ本当は、今までも単純に数えてただけってわけじゃないんだけど……スマホやアプリの普及、SNSの発展もあって、Webサイトの閲覧方法もさまざまになってきたからね。


 
シニヤン

より正確な解析をするために、評価基準を変える必要が出てきたんだ。今はまだGoogleアナリティクスが主流だけど、少しずつ時代はGA4に移り変わっていくと思うよ。

なぜ変わった?評価方法

「イベント」の計測自体は従来のGoogleアナリティクス(ユニバーサルアナリティクス)でも可能だったのですが、
ユニバーサルアナリティクスはアプリとウェブサイトを横断した解析に弱いという弱点があり、
スマホでアプリを使って情報を見ることが一般化した現代では、正確な計測結果を得ることが難しい状態でした。

それが、GA4へのアップデートの際にアプリとウェブサイトを横断した計測も可能になったことで
「イベント」ベースの計測結果の信頼性が上がり、
現代の計測方法としてよりふさわしい評価基準
として使われるようになったのです。

今はまだ機能性等の面からGoogleアナリティクスが解析ツールの主流となっていますが、
今後はGA4のアップデート等にあわせ、だんだんと時代が変わっていくかもしれませんね。

わたしたち株式会社ゴンドラでは、無料でGoogleアナリティクスの分析レポートをお出しし、分析のサポートを行っています。

「Googleアナリティクスで分析してみたいけど、やり方がわからない・・・」

そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介