GA4はいつから導入すべき?切り替え時期と移行状況を解説

GA4はいつから導入すべき?切り替え時期と移行状況を解説

2023年7月1日より、旧Googleアナリティクスである「ユニバーサルアナリティクス(UA)」から、「Googleアナリティクス 4プロパティ(GA4)」へ完全移行することが発表されました。このニュースを聞いて、「いつまでに導入しておけばいいの?」と戸惑っている方は多いはず。この記事では、GA4を導入時期について説明します!

 
シニヤン

いよいよGA4への移行時期が迫ってきたけど、全然操作に慣れていないんだよね……。こりゃ完全移行にはまだ時間がかかるな……。


 
ビギニャー

そういえば、2023年の7月にUAのサービスが終了すると発表されましたもんね。まだ少し猶予がありますけど、もうGA4を導入するんですか?


 
シニヤン

う~ん、そうだね。完全移行はもう少し先でもいいかもしれないけど、できるだけ早く導入して慣れておくと安心だよね。

GA4はいつから導入するべき?

2022年3月、従来のGoogleアナリティクスである「ユニバーサルアナリティクス(UA)」のサービスが終了するというニュースが発表され、多くの人を驚かせました。
新しいサービスである「Googleアナリティクス 4 プロパティ(GA4)」には、2023年7月1日付で完全移行することになります。

このお知らせを聞いて、「いつまでにGA4を導入すればいいの?」「まだ早いからギリギリでもいいかな?」と、Googleアナリティクスを愛用している方は戸惑っているかもしれません。
結論から言いますと、GA4の導入はできるだけ早いうちからしておくことがおすすめです。

なかでも、今すぐにでも導入しておきたい方は以下のとおりです。

今すぐGA4を導入しておきたい方

・現在UAを使って本格的なアクセス解析を行っている
・過去のデータと比較しながら分析している

反対に、以下のような方は急がずに少しずつGA4に慣れていけば大丈夫です。

今すぐGA4を導入しなくてもいい方

・PV数や離脱率などを軽くチェックしているだけ
・過去のデータを参照することがない

こういった方は今すぐGA4を導入しなくても問題ありませんが、その場合でも2023年4月ごろには導入を済ませておきましょう

もちろん、本格的な分析を行っていない方であっても、早いうちからGA4を導入して操作に慣れておくのはいいことです。
余裕がある方は、ぜひ今日からGA4を軽く触ってみてくださいね!

次世代Googleアナリティクス「GA4」って?
次世代Googleアナリティクス「GA4」って?
オンライン集客のためには習得必須ともいえるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」が、2020年10月に新バージョンにアップデート。「Googleアナリ.....

 
シニヤン

うちみたいな会社はデータ分析が欠かせないから、早めにGA4を導入して慣れておかないとね。


 
ビギニャー

Googleアナリティクスの使い方によって、導入を急ぐべきかどうかが変わるんですね!僕、最近せっかくUAに慣れてきたのに、使えなくなっちゃうなんて残念です……。


 
シニヤン

そんなに落ち込まないで。うちの会社もゆくゆくはGA4に完全移行するけど、しばらくはUAと併用することになるから、ビギニャー君の知識はまだまだ役立てられるよ!

GA4はUAと併用することがおすすめ

実は、GA4を導入したからといってUAが使えなくなるわけではありません。
それぞれの計測コードを埋め込むことでサービスを併用できるので、完全移行までは両方を活用することが非常におすすめです。

GA4とUAの併用を推奨する理由としては、以下の2つが挙げられます。

①GA4とUAはまったく違うツールだから!

UAからGA4へ移行するにあたって、「アップデートで機能が少し追加されるくらいでしょ?」なんて思っている方もいるかもしれません。
しかし、これは大間違いです!

GA4とUAには多くの違いがあるため、各指標の数値や計測できるデータが大幅に変わってしまいます。
そのため全く別のツールとして考え、イチから設定や使い方を覚えていかなければいけません。

UAが使えなくなってしまってからGA4を導入すると、慣れない設定や操作で戸惑ってしまい、慣れるまでの期間は正しく計測ができなくなるおそれがあります。
計測の空白期間ができることを防ぐためにも、UAでしっかりと計測しつつ、GA4でも欲しいデータを正確に計測できるようにチューニングしていくことが大切なのです。

②データを比較できるから!

GA4は、導入の設定をしてから計測を開始します。
またUAとの互換性がないため、UAで計測したデータをGA4に引き継ぐことはできません。

先程も言ったように、GA4とUAでは各指標の数値や計測できるデータに大きな違いがあります。
あらかじめGA4とUAの両方でデータを計測しておけば、「それぞれの指標がどう違っているのか」ということを比較でき、GAの特徴を把握できます。
なお、UAに蓄積された古いデータは2024年1月1日には見られなくなるので、必要であればエクスポートして保管しておきましょう。

また、対前年比といったレポーティングを行う必要がある場合は、完全移行の日までにGA4で計測した比較用のデータを用意しておかなければいけません。
そういった意味でも、両方のツールを併用してデータを蓄積しておくことが大切なのです。

「GA4」、旧Googleアナリティクスとどう違うの?
「GA4」、旧Googleアナリティクスとどう違うの?
訪問者のデータを計測し、自社サイトにどんなユーザーが興味をもってくれているかを知るのに役立っていた「Googleアナリティクス」。次世代Googleアナリティク.....

 
ビギニャー

なんだぁ、UAを使いながらGA4も使えるんですね!それなら、いつも通りUAでアクセス解析しながら、少しずつ新しいツールの使い方を覚えていけそうです!


 
シニヤン

そうだね。導入は早いほうがいいけど、完全移行する必要はないから、両方をうまく活用していこうね。


 
ビギニャー

ちなみに、今ってどれくらいの人がGA4を導入しているんですか?

GA4の導入・移行状況はどうなってるの?

GA4の導入を意識しだしたマーケターのなかには、「ほかの人もGA4を使っているのかどうか」ということが気になっている方も多いかもしれません。

株式会社GO TO MARKETが2022年6月に行った調査では、33%の企業がすでにGA4を導入していることがわかっています。
また、5%が導入の作業中、7%が外部委託先を選定中、31%が情報収集段階であることがわかっています。

対して、導入を検討中であるが行動できていない企業が12%、導入を検討していない企業が9%存在していることがわかりました。
この結果を見ると、3割の会社がすでにGA4を導入していて、4割強の企業が現在導入に向けて動いているということがわかりますね。

実際に導入しているかどうかは別として、多くの企業がGA4への移行に向けて準備を進めていることは間違いないようです。

※出典:株式会社GO TO MARKET|GA4 の導入状況に関する調査

 
ビギニャー

へぇ~、意外にたくさんの企業がGA4を導入しているんですね!


 
シニヤン

そうみたいだね……!GA4の導入は大変な部分もあるけど、やっぱり早くから使い始めたほうがメリットは多いからね。


 
ビギニャー

そうなんですか?どんなメリットがあるのか気になります!

早めにGA4を導入するメリット

早めにGA4を導入すると、以下のようなメリットが得られます。

①余裕をもって準備できる

GA4を導入するときは、情報収集や設定など多くの準備が必要になります。
早めにGA4を導入しておけば余裕をもって準備ができ、スムーズに完全移行を済ませられるというメリットがあります。

インターネットや書籍で知識を身につけても、実際に操作してみないとわからない問題点や課題はあるでしょう。
UAが使えなくなってからアレコレ準備を始めるとデータ測定に影響が出てしまうため、早めに導入して操作に慣れておく必要があるのです。

②アプリの効果測定にも対応している

GA4は、Webサイトとアプリを横断してデータ測定できます。
つまり、UAでは別のユーザーとして計測されていた「Webサイトを見て」「アプリから注文した人」を、1人のユーザーとして計測できるようになったのです。

近年は、複数のプラットフォームを持つ企業が増えてきているため、この機能は正確な成果測定にとても効果的です。
お客さまの行動を正しく把握できれば施策改善に役立てられるので、便利な機能は早くから活用しておきましょう!

③機械学習のデータを蓄積できる

GA4には、新しく機械学習の機能が搭載されました。
ユーザーの行動を測定することで今後の行動予測を行い、「購入の可能性」や「離脱の可能性」、「予測収益」などを導き出してくれる機能です。

この機能を使うためには、一定の期間やリピーター人数のデータサンプルが必要になります。
何か月ものデータが必要になるわけではありませんが、早くから活用してデータサンプルを蓄積し、予測の精度や指標の活用方法などを確認できておくと安心ですね。

サイト訪問者数を調べるには?GA4を使った詳しい見方とポイント
サイト訪問者数を調べるには?GA4を使った詳しい見方とポイント
自社のWebサイトがどれくらいの人に見られているのかを知ることは、マーケターにとって非常に重要です。 そしてGoogleアナリティクスは、データを取得するのに大.....

 
ビギニャー

なるほど~!こうやって聞くと、今すぐにでもGA4を導入したくなってきますね!


 
シニヤン

まぁまぁ、そんなに慌てないで。GA4は、導入時の注意点もあるんだ。


 
ビギニャー

え、そうなんですか!?注意点、教えてください!

GA4を導入するときの注意点

ここまで何度も説明してきた通り、UAとGA4は全く異なるツールです。
したがって、導入時は各指標の再設定や内容の確認、タグの再設定が必要になります。

長年多くの企業が導入・活用してきたUAとは違い、GA4はまだまだ歴史が浅く、導入企業も多くありません。
そのため、インターネットや書籍などで情報を集めようと思っても、思ったように知識を得られないのが現状です。

情報不足のせいで、思うようにGA4の導入を進められない可能性は十分に考えられます。
わからないまま設定や運用を始めてしまうと正確なデータ解析ができないおそれがあるため、不安な場合は専門家に相談することもひとつの手です。
LIFTでは、GA4に関する情報発信やセミナー、ご相談を受け付けておりますので、お困りの際はぜひお声掛けください。

わたしたち株式会社ゴンドラでは、
無料でGoogleアナリティクスの分析レポートをお出しし、分析のサポートを行っています。
「Googleアナリティクスで分析してみたいけど、やり方がわからない・・・」
そんなお悩みをお持ちの方は、ぜひお気軽にご相談ください!

RECOMMENDおすすめ記事

オススメ記事をご紹介